2005年04月13日

炎のロマンス

「ミミ的ベストCOMIC」で紹介する、はえある第一号は。。。

上原きみ子先生の「炎のロマンス」です。

これは、管理人が小学1年生の時に読んで、衝撃を受けました。
こんなにすごいマンガがあったのかと!!

物語は、主人公「亜樹」が転校生須田君と出会ったことから始まります。
転校生の須田君は、コーラル王国のという島の王子で、日本には自分の
妻になってくれる女性を探しに来ていたんですね。

王子の妻になってくれる女性は、絶対に黒髪でなくてはならないという
掟があり、島へ亜樹が誘拐される事から、どんどんストーリーは膨らんで
いきます。

須田君のいる島は、どこの国とも国交をしておらず、完全に孤立しています。

そんな島に連れてこられた亜樹が、さまざまな困難に立ち向かい、強くなっていく
姿が描かれています。

改めて読むと、突込みどころはたくさんありますが、スケールの大きさに
そんなことも忘れてしまいます。

絵もすごく緻密に描かれているんですよ。
本当に細かいです。

上原きみ子先生の作品は、本当にどれも素晴らしいものが多くて、同時、小学生の
管理人ははまって読んでいました。

復刻版として「炎のロマンス」が発売された時は、一気に買って読みましたよ〜〜〜

感動が蘇ってきました。

全く古臭さを感じさせない、いや、むしろ今のマンガにはないパワーを感じる
「炎のロマンス」(タイトルもすごいです)ぜひぜひ、読んで見て下さいね。

オススメです。



「炎のロマンス」
上原きみ子著
講談社漫画文庫
1−6巻
posted by ミミ at 20:21| 愛媛 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(*^_^*)
上原きこみ先生のファンサイトの「クリーブランド」の管理人・萌花と申します。

「炎のロマンス」が、栄えある第一号なんて・・・感激でウルウルです。
本当に、この漫画は、わくわくどきどきでしたね。少女コミックの発売日が、毎週待ちきれなかったのを覚えております。
私も、お勧めです♪

私は、もう一人の王子がだいきらいで、いらいらしました。大人になって読み返して見るとその切ない意地悪な王子の悲しい心を知って、彼をスポットとした、「ルイ王子に捧げる・炎のロマンス」の紹介をオープンしました。
よかったら、私のサイトにも遊びにいらしてください。そして、ルイ王子の切なさにきがついていただければ、うれしいです。

次は、どの漫画がご紹介されるか楽しみ♪
Posted by 萌花 at 2005年04月18日 19:46
読みましたとも!(笑)
他にも「ロリィの青春」とか(笑)

確かにストーリー展開は今読むと突っ込みどころは満載ですが、それ以上に熱くてパワーがあるんですよね。
ちなみに、私は大抵、主人公の相手役でない方の男が好きでしたので、ルイ王子贔屓です(笑)

昔の漫画のパワー・・・感じたくなりました。まんが喫茶に行ってこようかな。
Posted by 真歌 at 2005年04月19日 23:43
萌花さん、こんにちは★
遊びに来て下さってありがとうございます〜
とっても嬉しいです!!

萌花さんは上原先生のファンサイトを運営されているんですね!!
すごいです(*^^*)
上原先生の作品は、本当に名作揃いですよね〜〜〜
「こちら愛応答せよ」や「マリーベル」が好きです
復刻版で発売されているので、今度買って読んで見ようと思っていますよ。

私は、単行本で読みました
赤い色が本当に素敵で、表紙のイラストがとっても凝っていましたよね
子供ながらに、ただただすごいと思っていました

ルイは私も正直苦手でした。
が、復刻版を読んでルイへの苦手な気持ちも薄らぎました
大人になってからわかる部分が出てきますよね

萌花さんのサイトにもお伺いして、、「ルイ王子に捧げる・炎のロマンス」を拝見したいと思います。

お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした
これからもたくさんのコミックを紹介していきますので、また遊びに来て下さいね(^0^)
お待ちしております!!!
Posted by ミミ@管理人 at 2005年04月23日 17:37
真歌さん、こんにちは★
お返事が大変遅くなって申し訳ありません(汗)
ついつい、ミーハーに力をいれておりました。。。

真歌さんも上原先生の作品を読まれていたんですね
「ロリィの青春」私も読んだはずなんですが、いまいち内容を覚えていないんですよね〜〜〜
どんなのだったかしら???
今度読んでみたいと思います

昔の漫画は突込みどころはたくさんありますが、パワーがありましたよね
絵の迫力もあったし!!
内容も壮大で、読者をぐいぐいと漫画の世界に引き込むものがありましたよね〜〜

ぜひ真歌さんオススメの漫画を教えて下さいね
読んで見たいと思います★
Posted by ミミ@管理人 at 2005年04月23日 17:40
はじめまして♪
ニア子と申します

私も「炎のロマンス」超大好きですよー
レド様は未だに私のNO1キャラクター♪

私の場合小学生の時初めて買ったマンガが
「炎のロマンス」の第9巻ww
(なぜ9巻かは自分でも「ナゼ?」です^^;)
すぐにハマッてしまいました
こうして私は「上原ワールド」に一直線(笑)
速攻最初から読もうと買いに走りました
少ないお小遣いの中1巻づつなんとか全巻揃えた
当時の単行本は○十年経っても未だに持ってます!(^^)!

私にとって未だにこれを超える内容のマンガはない!
ってくらい好きですねー
ストーリーもスケールの大きい話なのにとても作りこんであると思うし
絵もすごく素敵♪今読んでも充分楽しめます

さっき久しぶりに倉庫の奥からひっぱってきました
すごい!自作の紙のカバーもつけてあるし超キレイ!
自分でも感心感心♪早速読んでみます

それではまたお邪魔しますねー
Posted by ニア子 at 2005年05月03日 14:59
ニア子さん、こんばんは!!

遊びに来て下さってありがとうございます〜
とっても嬉しいです(^^)

ニア子さんも、「炎のロマンス」が大好きなんですね!!
「炎のロマンス」は、今読んでも本当に新鮮な物語ですよね。
登場人物も1人1人、個性がはっきりしているので
感情移入しやすいし。
上原先生の絵の緻密さにも衝撃を受けたのを覚えていますよ。

当時の単行本を持っているというのが凄いです!!
貴重ですよね〜〜〜
赤い表紙でしたよね(^0^)
持っていないけど、今でもありありとあの表紙を思い出すことが出来ます。
何度も何度も読み返した、素晴らしいマンガですよね。

大切にカバーをつけているということは、ニア子さんがどれだけ大切にしていたのか、伺えます。
これからも語りついでいきたいマンガですよね☆

いろんなマンガを紹介していこうと思ってこのブログを立ち上げて、「炎のロマンス」を1冊目に持ってきて、私も読んでいました〜〜と、言う方たちに、書き込みして頂いて本当に嬉しいです(*^^*)

これからも上原先生の作品、他の作品も取り上げていきますので、どうぞよろしくお願い致します!!
Posted by ミミ@管理人 at 2005年05月06日 18:02
こんにちは(*^_^*)クリーブランドの萌花です。このたび、
「上原きみ子先生の世界・愛しき主人公たちへ」
一人一人にスポットをあてたプログをオープンしました。コアですが(笑)
そこで、勝手にすみませんが、リンクはらさせていただきました。どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
Posted by 萌花 at 2005年10月06日 11:50
萌花さん、こんばんは〜〜
リンク貼って下さったんですね
ありがとうございます!!

上原きみ子先生ファンとしては、上原作品の
キャラクター一人一人にスポットを当てている
ブログを見るのは、とっても嬉しい事です★
がんばって下さいね(^0^)
ぜひぜひ遊びに伺います♪
Posted by ミミ@管理人 at 2005年11月01日 18:38
炎のロマンスは衝撃的でしたね〜。ルイが気になって最後に死んでしまう展開には子供心にぽっかり穴が開いてしまうくらいでした。フラワーコミック本は一度手放してしまい、大人になって探しましたが、全部揃うまで、二年かかりました。(東京の古本まで探した)今こんなスケールの大きい作品は聞かないですね。アニメ化して欲しい。少し今風にして。上原先生の作品(2,30年前)は、残していって欲しいです。愛、切なさ、勇気、教えられたことは宝ものです。
Posted by ゆりこ at 2006年10月29日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。